邦洋韓華?映画とドラマに関する2、3の事柄?

過去・現在・未来を問わない、映画とドラマに関する雑記。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-08-18

久々に

約半年振りの更新です。その間にいろいろな映画や舞台を見ましたがモチベーションがあがらず放置してしまいました。普段よく見させてもらっていたブログもあまり更新されておらず、ちょっとしたブームが去ったようですね。mixyでさえ燃え尽きている人もいるようですし。

私もあまり気張らずこの空白の半年間に見た作品も含めて徐々に更新していこうと思った今日この頃でした。
スポンサーサイト
2005-08-05

ITMSが始動

 i Tunes Music Storeがやっと始動しました。これで、すでにレンタルされていない古いシングルの曲がiTUNESにダウンロードできる!さっそくチャゲ&飛鳥の古い曲を一曲ダウンロードしてみました。

 最初にアカウントを取得してクレジットカード情報を入力。後は曲のリストからダウンロードするだけで終わり。簡単ですね。エイベックス系から古い歌謡曲系もあったりで、ダウンロードしまくってしまうかもしれません。ただ、音質についてはどうなんでしょうか。私がダウンロードしたのは10年以上前の作品ですが、あまりいいとはいえないかな? 

 今まではTSUTAYAの旧作半額の時にまとめて借りてましたが古い作品はどうしても渋谷TSUTAYAに行かないと探せなかったので重宝しそうです。

追記(8/5):
そしてついに捜し求めていた「We Are the World」!(performed by U.S.A. For Africa)小学生の頃にみたビデオクリップを見たときから忘れられず、テレビからラジカセでカセットテープに録音していらい、聞くことのなかったこの曲をやっと手に入れました!!
2005-06-29

Geoogle Earth

米Googleの新たなサービスの一つとして、「Google Earth」というのが発表されました。これは世界中の衛星写真を自分のデスクトップから見られるソフトで、地域にもよりますが、車一台の大きさが認識できるほどの解像度になっています。だた画像はおそらく8年ぐらい前の写真ではないでしょうか。

こちらは先月旅行に行ったハワイのダイヤモンドヘッド↓↓
hawaii.jpeg



以前発表された「Google Maps」はアメリカだけだったのに対して今作では日本ももちろん見れます。更に前作の機能を継承して、二箇所を指定してその交通手段を表示したりなんかもでき、更に、ホテル・史跡・スポーツ施設・交通機関・道路名なんぞも表示。そういったデータは主にアメリカ地域に関しては充実していて、日本ではまだまだ少ないですが、東京を例にとれば、「東京大学」「帝国ホテル」「東京ドーム」「上野動物園」などなど。これらの情報はBBSにて誰にでもアップすることができるみたいです。中にはその建物の用途がわからずに逆に地図上で質問形で描かれているポイントもあります。

場所を指定すれば、宇宙の中にぽつんと浮かぶ地球から、徐々にズームアップしていきます。そのアニメーションがまた滑らかで驚きました。傾き角度も変えられるので、地面と水平に近い角度まで倒して移動すればまさに鳥になっている感覚さえ味わえました。

こういう画像は、映画では「エネミーオブアメリカ」や「エネミーライン」なんかで使われていたと思います。それにしてもここまで見られていると思うとぞっと感じてしまう部分もあります。

ちなみにこちらはまさに私が住む家です↓↓

a.jpg

2005-05-03

トラックバックポリシー

 私のブログサイトに来ていただきありがとうございます。
トラックバック(以下TB)に関していくつか自分なりのルールを作りましたのでご一読ください。

1:TBを当ブログへされる時は、TB元のサイトにて当サイトのエントリーに対する意見、またはリンクを載せていただくか、当サイトのコメント欄に意見を残してください。関連している情報を載せているというだけのTBは判断の上、連絡なしに削除するかコメントなしTB返しをする場合があります。

2:当方からTBを打つ時は必ずTB先のリンクを貼ります。その際、TBを打たれたほうのブログサイトは、こちらにTBを打っていただいて(TB返し)構いません。

3:当ブログと全く関係のないTBは削除させていただきます。

 上記を踏まえた上でTBをしていただきたいと思います。これは、単にトラックバックを打った・打たれたという関係だけではなく、言葉でのコミュニケーションを大切にしたいと考えてのことです。そういう血の通った関係が、ブログを続ける上で私の励みにもなります。

別段敷居の高いブログにしたいとは少しも思っていません。ただ、意見が言い合えるブログにしたいだけなのです。

ありがとうございました。
 
2005-04-23

トラックバックについて

 まだブログをはじめたばかりなので、トラックバックというシステムがよくわかっていませんでした。そこでブログ本を出している松永英明氏のブログをみつけました。その中で書かれていることは

トラックバックの有効な使い方
【1】こちらからあなたの記事を参考にして新しい記事を書いたので、お知らせしますね、という使い方。
【2】あなたが記事で書いている内容と関連する他の記事があるので、お知らせしますね、という使い方。
 1と2の違いは、1は文中におそらく相手の記事へのリンクがあって、トラックバックをすることによって相互リンクが成立するが、2は必ずしもそうではない、ということ。



 個人的には【1】の考え方に共感を覚えます。しかし、いろいろな映画関係のサイトをみると、圧倒的に【2】のケースが多いと思いました。
 自分と同好の士とリンクするためにも【2】のトラックバックも否定はしませんが、そこはコメントで対応して、リンクを貼ってもいいのでは?とも考えます。
 私のブログも、記事とまったく関係のないトラックバック以外は大歓迎ですが、少なくとも自分はあまり乱発しないようにしたいです。
当サイトのトラックバックポリシーもご参照ください。

 | HOME |  »

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。