邦洋韓華?映画とドラマに関する2、3の事柄?

過去・現在・未来を問わない、映画とドラマに関する雑記。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-06-05

エネミーライン(BEHIND ENEMY LINES)

 興行的にも話題的にもあまり注目されなかった作品ですが、私はかなり好きです。オーソン・ウィルソン演じるバーネットの乗る飛行機が撃墜され、不時着したとたん敵から追われる。味方の支援もなく敵の包囲網が狭まるなかバーネットは逃げ続ける・・・

 オープニングの空母と戦闘機の発着のシーンは「トップガン」を連想させます。ミサイルに追われるシーンも臨場感があり、不時着して逃げるバーネットに同化してしまいます。ただ街中で地雷源を走りながら突破していくシーンは迫力ありますが、あれじゃトラップの意味がないなとは思いました。

 ジーン・ハックマンは相変わらず味のある軍人の役を演じていていました。

B00024Z56Sエネミー・ライン 特別編
オーウェン・ウイルソン ジョン・ムーア ジーン・ハックマン ガブリエル・マクト

by G-Tools

スポンサーサイト

 | HOME | 

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。