邦洋韓華?映画とドラマに関する2、3の事柄?

過去・現在・未来を問わない、映画とドラマに関する雑記。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-06-10

空中ブランコ(スペシャルドラマ)

 先月フジテレビで放送されたドラマをやっと見ました。原作の奥田英朗は伊良部シリーズの前に出版された「最悪」「邪魔」から読み始めて、硬派なサスペンス作家というイメージがあったのでそのギャップに驚きましたが、とても大好きなシリーズです。

テレビ版の伊良部を阿部寛、セクシーな看護婦マユミを釈由美子、飛べないフライヤーを堺雅人、先端恐怖性のヤクザを遠藤憲一、自意識過剰コンパニオンを佐藤仁美が演じています。

阿部さんは、トリック以来3枚目の役柄もなんなくこなす俳優でとても好きなのですが、原作を読んでイメージが沸いていたのは、田口浩正さんなんです。だから、映画版「イン・ザ・プール」での伊良部役が松尾スズキと聞いて、「まぁそれも認めるか」と思っていたのですが、テレビ版でついに田口さんが演じずちょっと残念ではありました。

でも阿部版伊良部も楽しく、ストーリーも飽きさせない展開だったので見てよかった。原作が短編であるのに対して、今作では見事に各話のキャラクターを共存させていました。自意識過剰コンパニオンは「イン・ザ・プール」の話でしたが、映画版「イン・ザ・プール」でその話が挿入されていないようなので、今作は多少番宣的な企画だったのでしょうか。

 堺さんは、ハチャメチャな伊良部に振り回されながらも次第に回りに打ち解けていく男の役をうまく演じていました。

 佐藤さんはメイクなのか太ったのか、随分と印象が違って見えました。まるで松坂慶子が若作りしたらこうなるかなと思ってしまうくらい。

遠藤さんは最近まで知らなかったんですが、もともと俳優なのに最近では映画のトレイラーでナレーションを入れていることで有名ですね。マトリックス・インファナルアフェアシリーズをはじめ映画館に行けば必ず耳にする声ですが、その声で「クレヨンしんちゃん」のナレーションをつけていたのには 笑いました。あれは映画宣伝会社の企画勝ちでした。今後の活躍が楽しみな俳優の一人です。

まるで映画用のHPみたいな公式HPはこちら→「空中ブランコ」
同じ原作者の映画化作品が気になる方はこちら→「イン・ザ・プ?ル」

4163228705空中ブランコ
奥田 英朗
文藝春秋 2004-04-24

by G-Tools

 
スポンサーサイト

 | HOME | 

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。