邦洋韓華?映画とドラマに関する2、3の事柄?

過去・現在・未来を問わない、映画とドラマに関する雑記。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-08-07

コントロール(control)

 以前から気になっていた作品。凶悪な殺人犯で、薬物投与による死刑執行を受けたリー(レイ・リオッタ)を待ち受けていたのは、コープランド博士(ウィレム・デフォー)率いる医薬品会社の研究所。博士は、薬で凶暴な人格をコントロールできる薬を開発し、その実験体としてリーを選んだのだった。薬を投与されたリーは、誤って撃ってしまった民間人ゲイリーに罪悪感を抱いたり、就職した先の女性テレサ(ミシェル・ロドリゲス)と恋に落ちたりと、薬の効果が出てきていた。しかし、彼に復讐を誓うゲイリーの兄や、ロシアのマフィアがリーを執拗に追い始める・・・。
 
 パッケージからすると「es」のようで、結構きつい描写のあるサスペンスかと思ったら案外普通のでした。期待はずれという感じでもないのですが、途中からの失速感は否めません。ラストに博士が知る真実やリーの結末などはそれなりにショックですが、なにより、博士が所属する製薬会社の無策ぶりが目にあまって仕方ありませんでした。

 ミシェル・ロドリゲスは結構好きな女優ですが、この映画で見せる笑顔が新鮮でした。でも別に彼女でなくてもよかった気がしますね。

control

スポンサーサイト

 | HOME | 

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。