邦洋韓華?映画とドラマに関する2、3の事柄?

過去・現在・未来を問わない、映画とドラマに関する雑記。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-08-21

亡国のイージス

 今年の「福井晴敏」三部作を締めくくる本作。私はこれが一番好きでした。原作はだいぶ前に読んでいましたがほぼ忠実に再現されていたと思います。しかし、二時間以上の今作をもってしても原作のすべての魅力は凝縮しきれなかったのは残念でした。
 私はどちらかというと原作派なのですが、中には映画&テレビ観賞さんのような方ももちろんいらっしゃいます。福井さんは映画化にあたっても積極的に参加していて、特に「終戦のローレライ」に関しては映画化ありきという作品でした。そして「小説」とは違う「映画」としてのエンターテイメントのために原作を加工することを厭わない、ある意味珍しい作家なのではないでしょうか。だって、原作における各個人のエピソードを映画で表現してはとてもできませんしね。
 ただそれでも原作派な私としてはいじりすぎた感のある「ローレライ」よりも「亡国のイージス」推します。今作は小説「トゥエルブY.O」の続編ともいえるので、今度はぜひともそちらも映画化してほしいものです。

「終戦のローレライ」もそうですが、テーマとして「日本人に国民としての誇りがあるのか?」が根底にあります。だから普通のエンターテイメント映画として見に来るとその主張に抵抗をもつ人もいるかもしれません。それと結構スプラッターです。私の前の席の人は、ラストの谷原さんの突然の行動に目をそむけていました。

 出演者の真田広之・中井貴一・佐藤浩一・寺尾聡。この4人やっぱりいいですね。めったに見られない共演ではないでしょうか?この4人を見てると時代劇映画を思い出してしまい、井口清兵衛(たそがれ清兵衛)、吉村貫一郎・斎藤一(壬生義士伝)。三沢伊兵衛(雨あがる)の4人だと錯覚してしまうときもありました。
 主演の4人に目がいっていて、他に誰がでるのか全く知りませんでしたが、吉田栄作、谷原章介、安藤政信なんかもでていたんですね。意外だったのは、真木蔵人の登場シーン。何故あの場面で?と思ってしまいました。

如月行とジョンヒの海中での格闘キスシーンや横浜球場でのヨンファとジョンヒのシーンなどはいろいろなブログを見てやっとわかったのですが、時々、シーンの切替が突発的だった感じがします。編集を担当したウィリアム・アンダーソンによるものでしょうか?この人が編集した「トゥルーマンショー」がとても大好きな映画だけに首を傾げてしまいました。
スポンサーサイト

 | HOME | 

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。