邦洋韓華?映画とドラマに関する2、3の事柄?

過去・現在・未来を問わない、映画とドラマに関する雑記。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-10-23

ステルス(stealth)

 映画がゲームに近づいたのかゲームが映画に近づいたのか・・・
ナムコの「エースコンバット」シリーズをやり続ける私としては戦闘機による空中戦が見られると思ってとても楽しみにしてました。楽しみにしていたんですが・・・

 あまりにゲームの世界に近くて、「トップガン」とか「エネミーオブライン」のような、本物の戦闘機によるドックファイトを期待していた私には逆に映画の中に入り込めませんでした。

 ミサイル射出や遠景からコクピットにいるパイロットへズームされるシーンなど今までにありえないアングルの映像は必見ですが、それ故SFX技術の方に目が行ってしまいました。

 ストーリーは想像していたものと違くて結構おもしろかったです。無人ステルス機の反抗だけにとどまらなかった部分はよかったです。ただステルスという題名からてっきり敵にステルス機能を使って潜入するのかと思ったらそのステルス機能が壊れて地面すれすれを飛行するなど、題名と中身があっていないなという気もしました。それにしても遂に北朝鮮がアメリカの敵国という設定になってしまいましたね・・・。

 追記:近未来という設定のためか、ステルス機のデザインがかつて湾岸戦争で見たようなあの黒いタイプとは違うデザインですが、「ステルス」の公式ページで見られる、民間人が偶然撮影したという機影をみると、以前とはデザインが変わっているようですね。
スポンサーサイト

コメント

ステルス
こんばんは~。
私は期待しないで観に行った(笑)ので、結構楽しめました。
私もステルス機の反抗だけに終わらなかったストーリーは、良かったと思います。
「本物の戦闘機によるドックファイト」。あの迫力ある映像で私もこれ、観たかったです。
ルゥ3さんへ
この映画は結構前から映画サイトで特集組んでいたので期待してました。それにしてもSFX技術がもたらすリアリティは凄いですね。空母での着艦・発艦シーンは本物のように見えました(もしかして本物!?)
これも楽しめました。
あまり期待してなかったのに、面白かったです。TBつけさせていただきました。よかったら遊びに来てくださいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rinus.blog8.fc2.com/tb.php/103-78955f13

 | HOME | 

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。