邦洋韓華?映画とドラマに関する2、3の事柄?

過去・現在・未来を問わない、映画とドラマに関する雑記。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-03-28

The myth?神話?

今回のジャッキーは一人二役!そのせいか冒頭からいきなりアクション続きでがんばっていました。ジャッキーの乗馬姿もなかなか珍しいですね。同時期に公開されている「SPRIT」とは対照的な作品ですね。以降ネタバレです。
 考古学者のジャックは自分が古代の武将になった夢を見るようになる。舞台は秦の始皇帝時代。モンイー将軍は隣国から嫁いできたのユシュウ姫を命がけで助け、追っ手から逃れるための逃避行を続けることになる。一方現代でジャックは、友人に頼まれインドへ空中浮遊する導師の謎を解きに行く。不思議な力を持つ隕石と剣を手に入れたジャックは国家警察に追われつつもその謎を解き明かそうとする。そしてやがてその現実と夢がひとつに重なっていく・・・。

 アクションの面では、古代で剣舞の技を見せ、現代では拳闘スタイルで戦うジャッキーを見られるのは一粒で二度おいしい気分にさせてくれます。ねばねばベルトコンベアでの戦いは久々にコミカルなアクションシーンで楽しめました。ただ、難を言えばやはりラストの無重力アクションでしょうか。確か「ファイナル・プロジェクト」だと思いますが、水中で戦うラストシーンがあり、それを思い出させます。やはり最後は爽快なアクションシーンで締めてもらいたかったですね。ちなみに監督は同じスタンリー・トンです。

 共演したキム・ヒソンは管野美穂みたいでかわいいですね。韓国語も北京語も話していたようですが、NGシーンでの困ったような笑顔が印象的でした。ローワイコンもでていましたがやはり老けた感じがします。アクション監督はジャッキーの他にも、インド人修行僧に扮して古武術カラリパヤトゥでジャッキーと対決したユン・タクという人が担当していたということですが、この人はジャッキーやサモハンらが所属していた「七小福」に所属していたのこと。どおりでアクションがすごかったわけです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rinus.blog8.fc2.com/tb.php/124-7609ec76

 | HOME | 

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。