邦洋韓華?映画とドラマに関する2、3の事柄?

過去・現在・未来を問わない、映画とドラマに関する雑記。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-08-29

ZOO

 乙一の小説「ZOO」の中から選ばれた5編のオムニバス映画。
「カザリとヨーコ」母と双子の妹カザリに虐待されるヨーコ。唯一の救いであった知り合いのおばさんに死なれてしまったヨーコは最後の手段にでる・・・。
「SEVEN ROOMS」突然監禁された姉と弟。そこは7つの部屋が連なる建物で、一日一人ずつ順番に殺されていく恐怖の館であった。果たして二人は脱出できるのか?
「SO?farそ・ふぁー」居間のソファーで家族三人仲良く暮らしていた「僕」。しかしある日、両親がお互いの存在に気がつかなくなりはじめる・・・
「陽だまりの詩」ある男に作られた女型アンドロイド。身の回りの整理を命じられた彼女はいつしか、人間が持つ感情「喪失感」について学ばなければいけない事態に遭遇する。
「ZOO」僕を振った彼女の腐乱死体が写っている写真をぺらぺらとめくる僕はあの時のことを思い出す・・・。

 どうやら「ZOO」は各所で酷評を受けているみたいで、私もいちばんおもしろくない話だと思います。原作とも多少違っているかな?あとの4作品はどれもいいですね。特に子役ががんばった「SEVEN ROOMS」と「SO?far」はよかった。まさか神木君がでているとは知らなかったのでめっけものでした。個人的に神木君はとても好きな子役で「インストール」や「妖怪大戦争」もみてみたいなと思っているんですが、声変わりしたらどうなってしまうのかが心配な今日この頃です。
 それにしてもスタッフロールで流れた衝撃の真実、「SEVEN ROOMS」の巨大な男はパトリック・ハーラン!もしやあのパックンマックンのパックンか?意外なチョイ役でしたね?。

原作「神の言葉」や「落ちる飛行機の中で」を是非とも見たかったですね。また、乙一さんの原作を映画化してほしいです(その内容上なかなか難しいとは思いますが)



B0009OAVISZOO
小林涼子 乙一 金田龍
東映 2005-08-05

by G-Tools

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rinus.blog8.fc2.com/tb.php/88-41e777d3

 | HOME | 

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。