邦洋韓華?映画とドラマに関する2、3の事柄?

過去・現在・未来を問わない、映画とドラマに関する雑記。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-04-24

インファナル・アフェアシリーズの印象と疑問

 インファナル・アフェアシリーズで印象に残っているのは、アンソニーウォン演じるウォン警部です。1ではヤンを父のように見守り、2では自分のせいで同僚を死なせてしまって泣き叫び、3ではプライベートを見せつつもサムを追い詰める。要所要所でいい味をだしていたキャラクターだと思います。アンソニーウォンはジャッキー映画「メダリオン」にもでていたみたいだけど、パンフには残念ながら載っていませんでした。今みればわかるかな?
 もちろん主役の二人も忘れてはいけないでしょう。個人的にはトニーレオン扮するヤンが好きです。1の序盤でサムに自分の腕のギプスを割られた時や、3で目の前の男を灰皿で殴れと指示された時の、理不尽な命令を下されたときの表情がとても印象的です。アンディーラウ演じるラウは、髪が長くて、警察内部でうまく立ち回ろうとしている1とは対照的に、3では丸刈りにして、疑心暗鬼なってだんだん憔悴していく様が記憶に残ります。
アンディラウはインタビューでこう話しています。

Yahooムービーインタビュー
『I』に関して言うと、一番最後に自分がエレベータから出てきて、警察証を見せて「俺は警察だ」といっているシーン。また、『III』に関しては、ラウが病院で銃を向けいてるところ。自分の気持ちの中の葛藤が現れているというシーン。それが自分としてはすごく印象に残っています。


悪人と善人の狭間で揺れていたラウを端的にあらわしていたシーンでした。

 ところで、どこで見逃したのか、ラウと精神科医のリーが出会ったシーンに記憶がありません。シリーズを通じてそういうエピソードがあったでしょうか?もしご存知のかたがいたら教えてください。

インファナル・アフェア
アラン・マック アンドリュー・ラウ

by G-Tools

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rinus.blog8.fc2.com/tb.php/9-bfc856df

 | HOME | 

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。