邦洋韓華?映画とドラマに関する2、3の事柄?

過去・現在・未来を問わない、映画とドラマに関する雑記。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-09-18

フロム・ヘル(FROM HELL)

 先日見た「チャーリーとチョコレート工場」の番宣的映画として地上波で放送されていたので見ました。
 時は1888年。何故か娼婦だけが惨殺される連続殺人がおこる。その手口は残忍であきらかにプロの手口であることが見て取れた。捜査を担当するアバーライン警部(ジョニー・デップ)は殺された犠牲者達からある共通点を見出す・・・。
 中盤までの「動機」がわかるまでは面白かったと思うんですが、終盤にかけてはうとうとしながら見てしまいました。全体的に暗く淡々とストーリーが進むせいでしょうか?それにしても最後に警部が死ぬ理由がよくわかりませんでした。調べたらアヘンの採りすぎということですが、う?ん、よくわからなかった。この作品はR指定ということで結構残忍な殺害の描写がされていました。そこら辺は乙一さんの小説に通じるものがあったと思います。

 ちなみにジョニー・デップの声は平田さんがあてていました。他にER組から山像かおりさんや内田直哉もちょい役で出演してましたね。

B000A0K5BEフロム・ヘル
ジョニー・デップ アレン・ヒューズ アルバート・ヒューズ
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-07-07

by G-Tools

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rinus.blog8.fc2.com/tb.php/93-8b371583

 | HOME | 

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。