邦洋韓華?映画とドラマに関する2、3の事柄?

過去・現在・未来を問わない、映画とドラマに関する雑記。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-10-06

フォーンブース(Phone Booth)

 一人のやり手業界人ストュー(コリン・ファレル)は美しき妻を持ちながらも浮気を重ねていた。ある日、公衆電話から浮気相手(ケイティー・ホームズ)をかけた後、その電話が鳴り出した。受話器をとって電話に出た彼を待っていたのは赤いスコープライトだった・・・。以降ネタばれありです。
 脅迫者との緊迫したやりとりで結構おもしろかったと思いますが、脅迫者の動機に納得いかないという意見が多かったのを覚えています。
 さてその脅迫者の声ですが、今では海外ドラマを見ている人にはおなじみとなってしまったであろうキーファー・サザーランド。上映当初は誰だかまったくわかりませんでしたが今聞けばなるほどと思う声です。公式ページのキャスト枠にさえ紹介されていないほどの徹底的に陰の主役の存在を秘密にしています。
 ところで最近この映画を見て思ったんですが、カメラ割りやリアルタイムな話を扱っているところを見ると「24」を連想させます。やはり20世紀フォックスという同じ配給会社ということも影響しているのでしょうか?

B000A0K5DMフォーン・ブース
コリン・ファレル ラリー・コーエン ジョエル・シューマカー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-07-07

by G-Tools

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rinus.blog8.fc2.com/tb.php/97-9b09c3d6

 | HOME | 

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。