邦洋韓華?映画とドラマに関する2、3の事柄?

過去・現在・未来を問わない、映画とドラマに関する雑記。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-10-08

デイアフタートゥモロー(day after tommorow)

 圧倒的なVFXで魅せるこの作品はやはりテレビで見ると映画館で見たときの迫力は感じられませんでしたが、それでも雪と氷で埋まったニューヨークや、車や看板が飛んでくる様がまるで現実であるかのように見えました。「ツイスター」「ディープインパクト」にも驚きましたが、今作の「水」や「台風の目」もすごかったですね。また天変地異という巨大なストーリーの中にも登場人物のサイドストーリーも取り入れ、見ごたえのある作品だと思います。
 気象学上の常識かどうかは知りませんが、地球の温暖化が氷河期への第一歩である(温暖化→氷河が溶ける→海の塩分濃度が薄まる→どうなるか忘れました→氷河期)というのも、「風が吹けば桶やがもうかる」的な感じで興味深かったです。
 ちょっと突っ込みをいれるとすれば、冒頭の日本の描き方。出演者は日本人らしいのに町並みが韓国や香港のようで違和感を感じました。

B000A0K58Cデイ・アフター・トゥモロー
デニス・クエイド ローランド・エメリッヒ ジェイク・ギレンホール
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-07-07

by G-Tools

スポンサーサイト

コメント

デイ・アフター・トゥモロー
こんばんは。お久しぶりです。
この作品、私は冬の季節に家で観たのですが、とにかく寒かった記憶があります(笑)
暖房ガンガンに欲しい程映像の寒さが身近に伝わってきて、すごくリアルに感じました。
登場人物のサイドストーリーも良かったです。天変地異だけに終わらなかったので、見応えありました♪
ルゥ3さんへ
冬にみたら確かにリアリティがあります。滅多に洋画のDVDを買おうと思わないのですが、何故かこれは買ってもいいかなと思う作品でした(結局買いませんでしたが・・・)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rinus.blog8.fc2.com/tb.php/98-ac1d426f

 | HOME | 

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。